男性が一人で婚約指輪を用意する時の注意点

サイズ確認は慎重に行おう

プロポーズをするとき一緒に婚約指輪をプレゼントするため、男性1人で指輪を購入するケースも少なくありません。もし、男性が1人で婚約指輪を用意する場合、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。彼女が好みそうなデザインの婚約指輪を選ぶのはもちろん、必ずチェックしておきたいのが指輪のサイズです。意外と彼女の指のサイズを正確に知っている男性は少ないようです。サイズが小さかったり大きかったりした場合、サイズ直しをしなければならず手間も時間も、そしてお金もかかります。 また、女性からしてみれば「指のサイズも知らないの?」と怒らせてしまう可能性があるので、サイズを把握してから購入するようにしましょう。彼女が指輪を身に着けている場合、その指輪を外したときにサイズを参考にしてみると良いでしょう。

金属アレルギーが無いか注意が必要

日本で婚約指輪のアーム部分に使われる素材といえば、プラチナが一般的です。ただ、プラチナ製の指輪の場合、金属アレルギーを持つ女性は身に着けるとアレルギー症状が起こる恐れがあります。男性が女性にこそっそり婚約指輪を購入するときは、彼女が金属アレルギー持ちではないかチェックするようにしましょう。

もし、金属アレルギーがあるという場合は、アレルギー症状が起こり難い素材の婚約指輪を選ばなければいけません。金属アレルギーがある人は、チタン製の指輪を選ぶケースが多いようです。チタンという金属は人の身体と親和性が高く、外科手術でも用いられるほど安全性の高いものです。全ての人にアレルギーが起こらないという訳ではないものの、チタン製の婚約指輪であれば金属アレルギー持ちの女性もほぼ問題なく身に着けられます。

プロポーズとは、何かを申し込むという言葉の意味です。しかし、一般的には結婚を申し込むという意味合いで用いられています。