男性が一人で婚約指輪を用意するデメリット

相手の女性が気に入らない可能性がある

男性が一人で婚約指輪を用意してサプライズで渡してしまうと、相手の女性の好みじゃない場合があります。相手の女性が好むブランドやデザイン、素材でなかったら、ひそかにがっかりしてしまうでしょう。渡した時は良い雰囲気になったとしても、後から「やっぱり婚約指輪は一緒に見に行って好きなものを選びたかった」という風になってしまうケースもあります。婚約指輪は一生使っていくものになるので、男性の感覚だけで決めると不満になってしまうかもしれません。もちろん、サプライズで渡される方が好き、という女性もいますが、相手によっては嫌がられてしまう可能性もあるので、相手の女性がどんな婚約指輪を望んでいるのか、しっかりと理解しておく必要があります。

指輪のサイズが合わない可能性がある

男性が一人で婚約指輪を決めてしまうと、女性の指のサイズに合わない場合があります。知っているつもりでも、目で判断しただけでは正しいサイズを測るのは難しいでしょう。もしも婚約指輪を渡してサイズが間違っていた場合、後で指輪のサイズを変更しなければなりません。そのような状態になってしまうと、相手の女性も「最初から一緒に選んでいれば、こんなことにはならなかったのに」と思ってしまう可能性があります。どうしても女性にサプライズで婚約指輪を渡したい場合は、相手の女性の指のサイズを正確に把握しておく必要があります。普段の会話の流れでさりげなく聞き出すなどして、正しいサイズを知っておかないと、せっかく選んでも失敗してしまうでしょう。

婚約指輪をダイヤ入りにするには、オーダーメードの相談ができるところや、購入後の保証がしっかりとしているところを購入先に選ぶことが重要となります。